MAKEMAN RECRUITING

社員インタビュー

INTERVIEW

entry
interview1

Q.仕事をするうえで大切にしていることは?

A.「命の大切さ」を丁寧にわかりやすく伝えるか

初めて生き物を飼育するというお客様も多いので、飼育方法はもちろん、生き物を飼う楽しさだけでなく厳しさもきちんと伝えるようにしています。「命」ですから、安易な気持ちで飼うのも、また、売ることもしたくないです。
以前、「魚をすぐに飼いたい」というお客様がいて、いろいろと準備が必要なのですぐには難しいですと購入をおすすめしなかったことがあるんです。その方は違う店舗で魚を購入したのですが、結局、育て方を失敗したみたいで。そしたら後日、「売るだけでなく、生き物のことを本当に考えられているのですね。お話をちゃんときいておけばよかったです」とありがたい言葉をいただきました。ただ売るのではなく、生き物を飼う喜びや癒しをお客様に知って欲しいからこそ、大変さもお伝えする。それが少しでも伝わるよう、自分が実際に育てた経験も交えながら、わかりやすく丁寧に説明するように心がけています。「お兄ちゃんから買ったお魚、今も元気だよ!」とか言ってもらえるのがすごく嬉しいですね。

interview2

Q.これからチャレンジしたいことは?

A.「ペットといえばメイクマン」と言われる店作り

ペット保険を扱うための資格があるので、その勉強をしたいです。仕事に関する資格は、会社が取得をサポートしてくれるのでありがたいですね。
将来的にはバイヤー職に就きたいです。今は具志川店だけですが、まだ見たことない商品がたくさんあると思うので、いいものを見つけて全店に広めて、全店のペットコーナーをもっと盛り上げたい。というのも、他店舗のペット担当とよく話すことが、「ペット部門をメイクマンのベスト3に入れたいよね」と。ホームセンターとペットが結びついてないお客様が、まだけっこういらっしゃるんです。DIYや資材、グリーン、園芸というイメージが強いと思うのですが、「メイクマンといえばペットもだよね!」というのを、会社からもお客様からも言われたい。「住まいと暮らしとペットのメイクマン」…すごくいいですね!

interview3

Q.学生へメッセージ

A.「誰かの役に立ちたい」と思っている人はぜひ!

メイクマンはすごく地域の人に愛されている店だなと思います。お客様は何かを求めて店にいらっしゃる、これは“お店が頼られている”からだと思うんです。誰かの役に立ちたい、助けになりたいと思っている人は接客業に向いていると思います。お客様から言われる「ありがとう」は本当に嬉しいですよ。サービス業は、夢と希望を与えられる仕事だと思います。
僕が就職活動をしていた時期は氷河期だったこともあり、すごく考えました。なので、なんとなくで就職先を決めないで、学生時代はいろいろ見て考えて悩むのも大切だと思います。自分的にはメイクマンに入社して、正解でした!ここは働きながら学べる場所。言うなれば、メイクマンは自分を成長させてくれる人生の先生です。

INTERVIEW movie

MESSAGE movie

メイクマン リクルート ムービー
エントリーはこちら