Web Magazine

自分でできる基本のカーメンテナンス

車社会の沖縄ですが、セルフのガソリンスタンドが増え、マイカーの状態を知る機会も減ってきました。専門知識が必要な部分ももちろんありますが、実は自分でできるメンテナンスもあります。安心安全なカーライフのために、日頃から愛車の状態を気にかけましょう。

※ここで紹介しているのは一般的なメンテナンス方法です。マイカーの車種などを確認し、安全に配慮の上、作業を行ってください。

INDEX
  1. バッテリー補充液の入れ方
  2. エンジンオイルの交換時期の確認
  3. エアコンフィルターの取り替え方
  4. ワイパーの取り替え方

バッテリー補充液の入れ方

バッテリーの中には「バッテリー液」が入っており、車を使っていると減っていきます。液が減りすぎると劣化を一段と早める原因となり本来の役割が果たせないだけでなく、最悪の場合はバッテリーの火災につながることも。3ヵ月〜6ヵ月に一度は、液量をチェックするのがおすすめです。

①中央にある6ヶ所の丸い蓋が補充液を注入する口。緩めて開けておく。

②注入量の確認。必ず(A)UPPER LEVELと(B)LOWER LEVELの間におさめる。

③6ヶ所の丸い穴から均等に補充していく。液が目に入ると危険なので注意を!

※エンジンを止めて、時間が経ってから作業してください。

※バッテリー液には希硫酸という硫酸の一種が含まれているため、ゴーグル、手袋などを着用し、安全に配慮して作業してください。

エンジンオイルの交換時期の確認

①平坦な場所でボンネットを開け、黄色かオレンジ色のリング状の把手を探す。

②把手を引き抜きティッシュなどできれいに拭き、元の場所にゆっくり差し込む。

③再び抜き付着したオイルを確認する。

※その他の交換目安として6ヶ月毎、または走行距離5,000km毎

エアコンフィルターの取り替え方

①助手席前のグローブボックスを開ける。

②グローブボックスを取り外す(車種により必要のない場合もある)。

③フィルターの蓋を外し、古いものを抜き取り新しいものに交換する。目印を確認し、上下正しく挿入すること。交換時期は年に1度が目安。

ワイパーの取り替え方

①ワイパーアームを立て、本体クリップのストッパーをつまむ。

②そのまま、ワイパーを手前の方向にゆっくりとスライドさせて外す。

③クリップに新しいワイパーのフックを差し込む。ツメが下向きか必ず確認すること!

④ワイパーを引き上げ「カチッ」と音がしたら完了。アームを戻して終了。

困った時はメイクマンのカーピットにお任せ!

愛車まわりの交換サービスを行っております。→カーピットサービスについて

初出/メイクマンfile vol.58(2016年12月1日発行)

イベントをシェアする

同じカテゴリーの記事

    同じカテゴリーの記事はありません
TOP